ショッピングカート

一週間程前、
足が大分弱った母が珍しく
「散歩に行こう」と言ってきた。
その際、杖を側溝の穴に突っ込んだりして、危険だった。

そのような事を、
モニタリング時にケアマネに伝えた。

「スーパーで使うカートのような歩行器を使うといいですよ」とアドバイスを受けた。

それをきっかけに、過去のちょっとした出来事をふと思い出した。

当時は
スーパーから歩いて5分のマンションに住んでいて、
母がまだ一人で買い物に行く事が出来ていた。

日曜の昼間、母が
「腰が痛くて歩きづらいのよね!」と言い訳しながら

買った物はもちろん、スーパーのカート(カゴも)までをも、
押して家の中に入ってきた。

「あんた、返しに行ってきて!」

誰が押しているのかが
よく判らない程に暗くなってから、
空のカート&カゴを私が仕方なく返しに行きました。

途中、
何人かと擦れ違ったけど、
急ぎ足で終わらせて
さっさと帰りました。

大したことないお話でした。

母の依頼により

今朝はなぜだか
「ファンデーション出して!」と母が言う。

以前はどこかにあったが、
盗られたらいけないと母がどこかに隠してしまい、
それから10年程は見かけていない。

『どこにあるか分からないし、
探すよりも買った方が早い。
今日私が買ってくる』
となってしまった。

慣れないコスメ売場内を
キョロキョロして
挙動不審だったと思います。
どうにかパフも同時に購入できました。

女性用の物を買うのは
いつまで経っても慣れない。

次に「口紅買ってこい」と言わないでください