何にでも名前を書きたがる

母は自分の持ち物(服など)に名前を書きたがる。
なので「筆記具貸して~」と言われた時には、油性ペンを渡すようにしてる。
書き終わってペンが返ってきた時に、キャップが無い時が度々ある。
見つけた時には、もうペン先が乾燥してしまい
使い物にならなくなってしまう事になり困ったものだ。

去年の冬には、間違って
白いコートのおもての肩口の部分(外からよく見える部分)に、
名前を書いてしまった事があった。
クリーニングに出しました。

今年は、家の柱に名前を書かれた。
とりあえず、そのまま保留状態

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください