【母が父を介護してた頃の話】

父が車椅子を使っていて、
トイレはポータブルトイレを使用していた。

母がその中のバケツに溜まった便を処理し、
きれいに水洗いしていた。
(私は仕事で家にいない)

その日も母が洗い、
珍しく天気が良かったので、
完全に乾かそうと思い、
バケツを庭で天日干しした。

しかし、
家の中に取り込むのを忘れたまま、
母は外出してしまった。

いざ父が、ポータブルトイレを
使おうとしたら、
中にバケツが入っていない!

庭に干しているのは
見えているが、
そこまでは取りに行けない。

ピンチ!

そこで、
父は母のケイタイに、連絡した。

母が大急ぎで帰宅し、
父もどうにかギリギリ我慢する事ができた。

帰宅した母は
「取り込むの忘れてごめんなさい。
一杯出て良かったね!」と、
本人と同じ位喜んだ。

もしも私だったら
「今きれいに洗浄したばっかりなのに、
もう汚れてしまった。
また洗わないといけないのか!」
とガックリとしていただろう。

母と感じ方が全然違う!
と自分が恥ずかしくなった。

今では、その母を私が介護する番だ。
今だったら、どう感じるだろうか。
まだまだ、修練が足りない気がする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください