こもり熱 その1

毎年冬の恒例行事

母は寒がりで、真冬は着れるだけの服を着て(6枚位)
更にその上に布団2枚と毛布を乗っけて寝ていた。

デイサービスにも6枚着て行き
「お熱がありますよ」と言われて度々戻って来た。

服の中に風を送り、中の熱を排出するようにしたら熱が下がった!

病気じゃなくて「こもり熱」というものだった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください