こんな事もあるさ

母がトイレに行く途中に
ヘンゼルとグレーテルばりに
廊下から水滴が点々と

トイレに入っても
座る前に足元に
大半は出してしまっていた

私が雑巾でふき掃除しても
記憶がないのかお礼もないし
「知らんよ 誰ねそんな事するのは?」 と他人事

まあ、文句を言っても しかたないんだけどな

かゆみ止め

母が蚊に刺された

薬を塗る事は
まだ一人で出来るので
かゆみ止めを手渡す

塗り終わったかと思ったら
まだ痒みが収まってないからと返ってこない

そのうち、私の知らぬ間に
全然別の所にしまわれてしまう

次に使う時
いつもの場所にはない

いつか どこからか
出てくるんだろうが
結局、かゆみ止めは余分に買っておく事にした

安眠妨害

3:00ふと目が覚めたら
母が
水屋の一番下の段の中身を
一度出して
入れ直してる

片付けしてるつもりのようだ

食器の音がうるさい!

結局、
しくじって
皿一枚割ってしまい

安眠妨害レベル100だった

雑巾さがし

以前母がしていたが
今は、しなくなり
放置されたままの
パッチワーク用か何かの
ハギレがたくさんある。

こっそり
そのまま捨てようと思ってたが

「洗面所でウンチしちゃってるよ事件」発生!

ハギレを使って拭きそうじ
汚れたハギレはそのままゴミ袋へ

いい使い道があった

【母が父を介護してた頃の話】

父が車椅子を使っていて、
トイレはポータブルトイレを使用していた。

母がその中のバケツに溜まった便を処理し、
きれいに水洗いしていた。
(私は仕事で家にいない)

その日も母が洗い、
珍しく天気が良かったので、
完全に乾かそうと思い、
バケツを庭で天日干しした。

しかし、
家の中に取り込むのを忘れたまま、
母は外出してしまった。

いざ父が、ポータブルトイレを
使おうとしたら、
中にバケツが入っていない!

庭に干しているのは
見えているが、
そこまでは取りに行けない。

ピンチ!

そこで、
父は母のケイタイに、連絡した。

母が大急ぎで帰宅し、
父もどうにかギリギリ我慢する事ができた。

帰宅した母は
「取り込むの忘れてごめんなさい。
一杯出て良かったね!」と、
本人と同じ位喜んだ。

もしも私だったら
「今きれいに洗浄したばっかりなのに、
もう汚れてしまった。
また洗わないといけないのか!」
とガックリとしていただろう。

母と感じ方が全然違う!
と自分が恥ずかしくなった。

今では、その母を私が介護する番だ。
今だったら、どう感じるだろうか。
まだまだ、修練が足りない気がする。