まだまだ 早すぎです

「朝だよ。 おはよう。 早く起きんね!」 って、
起こされたけど

まだ深夜の2:30じゃないか?!

せっかく いい夢 だったのに!

こんな言い訳って あり?

夜中、変な音がする。

真っ暗の中で
母が玄関のカギを開けようと
体当たりをしていた。

「体が勝手に外に出たがる」

昼寝から目覚めてからの一言

母が
昼寝から覚め
私を見るなり
「あんた生きとったとね、
良かった!」
と涙を流してた。

また、ある昼には
「兵隊さんに殺される~」
と言いながら起きてきた事もある。

俺は母の夢の中では
兵隊さんに一度殺されてたのかもしれない!?

自分の年齢を覚えていないので

母「私はいくつ ?」

私『85才だよ!』

母「判った。115才なんやね!」

いやいや違ってるぞ!
納得するな!

‘’はちじゅうご“が
”ひゃくじゅうご”
に聞こえたようだ!

似てると言えば似てるかも
私の滑舌が悪かったようだ!

ここはどこ?

2階建ての一軒家に住んでるのだが

母が「ここは3階?」と訊いてくる。
私『1階だよ!』と教えると

母「一目で分かるように、大きく1と書いといて!
そして、2階には2と大きく書いといて!」

仕方なく、
ホワイトボードに1を
大きく書かせてもらいました。