「いざる」

最近、母は足の筋力が無くなったのか
「座ったまま尻を床につけて進むんですよ」と私が言うと

認定委員とケアマネは
『いざる』と普通に言ってた
私にとっては、初めて聞いた単語だった。

あなたの事知ってますよ

急に 「◯◯子よぉ~! 知っとるね?」
と母が大声で自分の名前を言う


『知っとるよ! 誰かと間違われた事があるとね?
美智子妃殿下?
原 節子?
吉永小百合?
八千草薫?
美空ひばり?
都はるみ?』
母はニコニコ笑ってた

夕方に飲酒?

夕方 「さっきお酒飲んだけん体が動けん」と母が言う
その日はデイに行かない日で
食事もおやつも全部
私が用意した物しか口にさせていない
アルコールは飲ませていない

熱でもあるのかと計ってみたが36.7℃で いつも通り。
取り敢えず 冷やした水を飲ませて寝かしつけた

何まち?

先日、母はデイに行かない日
私は近所のドラッグストアに買い物に行きたかった

出かけてる間に母がトイレに行きたくなったら、
とんでもない所で致すかも判らない
だからトイレ介助が終わったらすぐに出かけようと考えた。

準備万端でお店開店の10時から
母がトイレにいくのをひたすら待った
店は深夜24時まで営業してるから、いつかは行けるだろう

いざ待ってると中々トイレに行ってくれない。
14時過ぎになって、ようやく行ってくれた。

さて行くかと、外に出ると雨が降りだした。
待ちに待った外出のチャンスがやってきたので、
今を逃すと次はいつ行けるか分からない。

運が悪いなと思いながらも、かっぱを着てバイクで買い物に行ってきました。

頭が働いていない

私が風呂に入ってる夕方に
親戚の人が差し入れを
持ってきてくれたらしい

チャイムが鳴ったが
もう誰も来ないだろうと
玄関は厳重にカギをかけてしまっていて母には開け方が判らない

すぐに
家の電話が鳴り
母が受話器を取ったらしいが
伝言は覚えきらない

私は何も知らずに
風呂から上がると
母はパニックになってた。
「どうしたのか」と尋ねても
要領を得ない

着信履歴を調べたりして
どうにか要領が判った

「差し入れを持って来たが
誰も出なかったので
玄関にぶら下げて帰った」
と言う事だった

18:45だし
コロナで
誰も来ないだろうと思い込んで
油断していた

やはり風呂は
母がデイに行っている
昼間に入るべきなんだろう