ショッピングカート

一週間程前、
足が大分弱った母が珍しく
「散歩に行こう」と言ってきた。
その際、杖を側溝の穴に突っ込んだりして、危険だった。

そのような事を、
モニタリング時にケアマネに伝えた。

「スーパーで使うカートのような歩行器を使うといいですよ」とアドバイスを受けた。

それをきっかけに、過去のちょっとした出来事をふと思い出した。

当時は
スーパーから歩いて5分のマンションに住んでいて、
母がまだ一人で買い物に行く事が出来ていた。

日曜の昼間、母が
「腰が痛くて歩きづらいのよね!」と言い訳しながら

買った物はもちろん、スーパーのカート(カゴも)までをも、
押して家の中に入ってきた。

「あんた、返しに行ってきて!」

誰が押しているのかが
よく判らない程に暗くなってから、
空のカート&カゴを私が仕方なく返しに行きました。

途中、
何人かと擦れ違ったけど、
急ぎ足で終わらせて
さっさと帰りました。

大したことないお話でした。

引っ越しはしません!

【母が要介護1の頃】

「泥棒がいるから引っ越そう!
この家売って、引っ越ししようや!」

私は、勿論断った

物が無いと騒いでも
本人が隠し場所を忘れてるだけ!
盗まれてなんかいない

犯人はあなた!

どこへ引っ越しても
同じ現象が起こりますよ!

デイに合鍵を預けるようになった訳

母がデイに行く日
家の鍵を母に預けて、私は仕事に出掛けた。

鍵が掛けられるように改造した床の間に、母は家の鍵を入れて、キーロックをしてしまった。

デイの方が迎えに来られたが
玄関の鍵を閉める事が出来なくて
デイに行く事が出来なかった。

それ以降、
デイに合鍵を預けるようになった。

母はデイをサボりたくて、わざとキーロックしたのかもしれない。

なぜなら、ニヤッと笑いながら話してくれたから

宅配便の受け渡し

インターネットで商品を注文したが、なかなか届かない事があった。

調べてみたら、PCの画面上では既に「到着済」となっていた。

もしやと思い、家の中をあちこち探したらどうにか見つかった事があった。


私の知らない間に、母が受け取り、貴重品と思い隠したが、その隠し場所を忘れてしまっていたようだ。

過去には
公演日が近いコンサートチケットがなかなか来ない。

問い合わせたら、既に受渡してサインももらってます、と言われた。
家の中を大捜査して、どうにか見つけたという事もあった。

日にちが決まってるのは、特に注意!

夜中に母が変な事してた

何年か前の出来事

母に夜中2時に起こされた。
「パンツを濡らしたから、別のに履き替えたい。押入のカギを開けて!」

家では、洋服ダンスにカギをかけられないので、タンスを押入の中に入れて、押入にカギがかかるように改修しているのです。

私が4時に目が覚めた時には
「丁度良かった。アイロンをかけ終わったから今度はカギを閉めて~」

替わりのパンツを見付けられなくて、何と夜中にアイロンを自分でかけて、濡れたパンツを乾かしたようでした。

乾いてはいるが洗っていないから、当然匂いがする。

これは洗濯する事として、他から別のパンツを持ってきて、履かせました。


夜中に一人でアイロンかけてたなんて!
ビックリ!

私が寝てる間に、火事を起こさなくて良かったという話でした。