頭が働いていない

私が風呂に入ってる夕方に
親戚の人が差し入れを
持ってきてくれたらしい

チャイムが鳴ったが
もう誰も来ないだろうと
玄関は厳重にカギをかけてしまっていて母には開け方が判らない

すぐに
家の電話が鳴り
母が受話器を取ったらしいが
伝言は覚えきらない

私は何も知らずに
風呂から上がると
母はパニックになってた。
「どうしたのか」と尋ねても
要領を得ない

着信履歴を調べたりして
どうにか要領が判った

「差し入れを持って来たが
誰も出なかったので
玄関にぶら下げて帰った」
と言う事だった

18:45だし
コロナで
誰も来ないだろうと思い込んで
油断していた

やはり風呂は
母がデイに行っている
昼間に入るべきなんだろう

締め出された

早朝、サンルームから私が庭に出てブルーベリーを収穫していた。

しばらくしたら、いつの間にか母にクレセントカギを掛けられてしまい、家の中に入れなくなってしまった。

途中ガラスを割ろうかとも思った時もあったが、ジェスチャーや朝早く近所の人に借りた紙と太字マジックを使った結果、1時間後にようやくカギを開けてくれた。

今後は、気を付けようと思う

知らぬ間に逃亡!

昨日の19時頃
玄関扉をガサガサと爪で引っ掻くような音がする。

玄関に向かう (ちなみに我が家は一軒家) 途中
母の部屋の横を通ると誰もいない。

部屋の窓は換気で開けていたが、網戸も開き放しになっていた。

常時カギをかけてる玄関扉を開けてみたら、そこには靴を履いていない母がいた。

いつの間に窓から逃走したのだろう?
母の部屋の窓のすぐ外には、室外機があり、丁度いい足場になったようだ。
失敗して骨折しなくて良かった!

母の靴には 市から貰った「みまもりオレンジシール」を貼っていたが、
靴を履かずに逃走されると全く意味がない

目が離せない!

こんな言い訳って あり?

夜中、変な音がする。

真っ暗の中で
母が玄関のカギを開けようと
体当たりをしていた。

「体が勝手に外に出たがる」

危険なあそび?

自宅での事

夜中、
母がトイレに行った。

出る時に
なぜか
ボタンを押し
カギをかけてしまったようだ。

朝方、
入ろうとした母が
「トイレのカギが
閉まっていて入れない」
と私を起こしに来た。

とりあえず、
間に合ったからいいけど!

自作自演?!
して遊ばないで下さい!