母に手伝ってもらった

寝たと思った母がトイレ休憩

母「なんしようと?」

私『今から
 食器洗って
 お米仕込んで
 中に入れる芋の皮むく』

「何か手伝おうか?」

『じゃあ
母さんが食べる分の芋の皮を剥いて!』

ピーラーでなく包丁でするから
大分厚く剥いてた

さつま2
じゃが1を剥いてもらった

調子に乗ってもっと皮を剥こうとしたが、明日の仕事にと止めさせた

あなたが自分で皮剥いた芋は
明日の朝には食べられるようになるから楽しみにしといてね!
と言ってベッドに寝かしつけた

この家は賃貸住宅?!大家さんは誰?

「ここの家の人に
『いつも貸してくれてありがとう』
って挨拶したいんだけど…」
って、母は言うけれど

ここは50年間ずっと住み続けてる
自宅(一軒家持ち家)なんだよなぁ。