母が自分一人で…

母が
「一人でジャンバーを着てみる」と言う
 
着れたかなと、しばらくして見てみると
ファスナーが背中側にある

セーターのように
上からかぶって着たようだ

これもアリかと思い
「寝る時背中が痛いかもよ」
と一言注意しといた。

本人は気にしないとの事で
ファスナーを一番上迄
引っ張り上げといた

新しいデザインの服?

母が
「ハサミを貸して」と言う。

何に使うのかと思ってると

「右側は今着ている服で、
左側には何を着ようかな~」

はぁっ
ハサミで服を切るつもりか?

もちろん
ハサミは貸さない事にした。

母の家は一体全体どこ?

母「これは家に持って帰る分!」
と服の仕分けをしていた。

母「家に帰るから車で送って!」

そう言われても、ここがあなたの家なんですよ!

洗濯時に過去の失敗に気付いた話

母が食べこぼしをするので、
服の胸の部分が、
度々汚れてしまう。

母のお気に入りだが、
珍しくデイに着て行かなかったので、
今のうちにと、
部分洗いをしてから洗濯機に洗濯してもらおうと思った。

いつものように、
電動歯ブラシのブラシ部分を古いのに付け替えて、
液体洗剤を使って洗おうとした。

毎日歯磨きに使ってるのと、
洗濯用にした戦力外の歯ブラシとを付け替えようとしたら、今気が付いた。

戦力外の方が新品同様だ!

前回チェンジし損なってた!

今迄洗濯用のブラシで歯みがきしてた。

チコちゃんに気合い入れて貰わないとダメだ!

ボーっと生きてるなぁ 俺

母が電話して昼間に○○に来てもらってた

以前私が働いていた時の出来事

母がお気に入りの服が、見当たらないらしい。
よく探せばどこかにあるだろう。
自分で隠したものは自分で見つけてください。
と、私はあまり応対せず仕事に行った。

帰宅したら
母「今日昼間、警察の人に来てもらった。  でも探し物は出てこなかった」と言う

知らぬ間におおごとになってる。

本気で探したら、探し物はあっさりと見つかりました。

そして、警察に
「見つかりました。御迷惑おかけしました。」
と連絡して一件落着!

来てくれた警察の方も、母が認知症だとすぐ判ったようで、うまく相手してくれてたようでした。
助かりました。