知らぬ間に逃亡!

昨日の19時頃
玄関扉をガサガサと爪で引っ掻くような音がする。

玄関に向かう (ちなみに我が家は一軒家) 途中
母の部屋の横を通ると誰もいない。

部屋の窓は換気で開けていたが、網戸も開き放しになっていた。

常時カギをかけてる玄関扉を開けてみたら、そこには靴を履いていない母がいた。

いつの間に窓から逃走したのだろう?
母の部屋の窓のすぐ外には、室外機があり、丁度いい足場になったようだ。
失敗して骨折しなくて良かった!

母の靴には 市から貰った「みまもりオレンジシール」を貼っていたが、
靴を履かずに逃走されると全く意味がない

目が離せない!

まるごとバナナ

朝「もう一寸食べたい」
と言うので
母にバナナ一本(皮ごと)渡した

私は隣の部屋で
デイ用の着替えを準備してた

暫くして
食べ終わった母の所に行くが
バナナの皮が見当たらない

どこに隠したんだろうと
探してるが
見つからない

もしかしたら
皮ごと食べてしまったのだろうか?
謎だ!

こんな言い訳って あり?

夜中、変な音がする。

真っ暗の中で
母が玄関のカギを開けようと
体当たりをしていた。

「体が勝手に外に出たがる」

いたずらPart100?

朝起きたら
突如
トイレの扉がきちんと
閉まらなくなった

家が古いし
建物自体がゆがんでいて
すき間だらけなので

トイレもついに建て付けが
悪くなったのかと思った

よくよく見ると
扉と柱との間に
トイレットペーパーの
切れ端の塊が
挟まっていた

これも母親の仕業だろうな

ちょっと目を離したら

トイレの貼り紙を
変えた事だし
と自己満足して
私は食器洗いをしていた

ふと気付くと母の姿が見えない

探すと母は洗面所にいて
しゃがんでいた

珪藻土の足拭きマットの上に
液体が溜まってる

その液を
風呂場に流してみると
案の定黄色い

靴下が濡れた!
と言いながら
母はあちこち歩き回っている

あぁ~
被害がさらに拡大中!